カテゴリー別アーカイブ: 広島県立大学

11.2 水素水は白金ナノコロイドの抗がん作用を発現する

学術雑誌名:Exp. Oncology, 2009, 31, p156-162 表題:Platinum nanocolloid-supplemented hydrogen-dissolved water inhibits growth of human tongue carcinoma cells preferentially over normal cellsr (水素水を補充した白金ナノコロイドは、ヒト舌癌(ガン)細胞の増殖を阻害するが、正常細胞には作用しない) 著者:Y. Saitoh(広島県立大) 概要:水素水及び白金ナノコロイドは、それぞれに酸化ストレス抑制作用を示すが、両者を併用した場合の効果については報告がない。 抗酸化活性はDPPH補足法によって測定し、殺細胞活性はヒト舌癌細胞HSC-4、及び正常細胞培養系を用いて評価した。 水素水は、白金コロイドの抗酸化ストレス作用を増強するとともに、白金コロイドとの併用により、HSC-4細胞のコロニー形成とサイズの増加を抑制したが、同系の正常細胞DOKには作用しなかった。 がん細胞に対しては、コンフルエント(高濃度細胞状)での細胞数と、ミトコンドリア機能を低下させた。水素水単独では、その作用は無かった。 水素水補充白金コロイドは、癌促進作用の抑制を介して、抗がん剤としての可能性が期待される

カテゴリー: 11. 癌関連, Exp. Oncology, 広島県立大学, 抑制作用, 抗がん剤, 水素水, 白金ナノコロイド, 研究機関 |

13.1 水素豊富電解水の安全性試験

学術雑誌名: Toxicology and Industrial Health: March 4, DOI : 2010. 1177/0748233710362989 表題:Biological safety of neutral-pH hydrogen-enriched electrolyzed water upon mutagenesity , genotoxicity and subchronic oral toxicity(中性pHの水素豊富化電解水の変異原性、遺伝毒性、中期反復経口投与の生物学的安全性) 著者:Y. Saitoh et al( 広島県立大他) 概要:水素水は、酸化ストレス改善効果が報告されている。 中性pHの水素濃度増強電解水(水素濃度:0.90-1.14ppm、酸化還元電位:-150~-80mV)は、細菌変異試験(Ames test)において肝臓S9 の有無に関わらず変異原性及び遺伝毒性を示さなかった。 さらに、常法の動物細胞のチャイニーズハムスター肺細胞を用いた試験においても同様の結果であった。 ついで、無菌ラット(SPFラット)を用いた中期反復経口投与による、安全性試験を20ml/kg/day、28日間実施した結果、臨床症状、体重変化、尿・血液分析、臓器重、病理解析等の分析においていかなる副作用も観察されず、安全性が高いことが認められた。因みにラットにおける投与量は、60kgのヒトに換算すると1.2リットル/dayに相当する。

カテゴリー: 13. 水素水の安全性試験, Toxicology and Industrial Health, 広島県立大学, 水素水, 水素豊富水, 研究機関 |