10.1.3 NASA(アメリカ航空宇宙局)が水素水に注目

Medical Hypothesis,(2010),doi : 10,1016/j.mehy.2010.08.046

Medical Hypothesis,(2010),doi : 10,1016/j.mehy.2010.08.046

学術雑誌名:Medical Hypothesis,(2010),doi : 10,1016/j.mehy.2010.08.046

表題:Hydrogen therapy may reduce the risks related to radiation-induced oxidative stress in space flight(宇宙飛行において放射線でおこる酸化ストレスのリスクを水素療法で軽減できるかもしれない)

著者:M.P. Schoenfeld, A.Nakao et al. (NASA(アメリカ航空宇宙局) & ピッツバーグ大)

概要:宇宙の放射線は 酸化ストレスを誘発してDNAや脂質に障害を起こすことが知られており宇宙飛行における重大な未解決課題である。

水素は生物医学の領域で最近新たな治療用医療ガスとして発見され、優れた抗酸化作用と抗炎症活性を有することが明らかになってきた。

今後宇宙飛行ミッションは回数及びその期間ともに増加する事が期待されており、宇宙飛行士が疾患の兆候が起こる前に酸化ストレスを計測してそれを防ぐ事がきわめて重要である。

著者は宇宙飛行士が放射線で受ける酸化ストレスによる副作用を水素ガスとして吸引するか或いは水素豊富水として飲水する事によって防止する目的で水素を新たな可能性の高い予防・治療戦略として研究する価値があることを提唱している。

関連資料:pdf144 KB (2010, Medical hypothesis) Hydrogen and space.pdfAdobe reader

カテゴリー: 10. 水素の医療応用, 10.1.作用メカニズムに関する研究, Medical Hypothesis., NASA宇宙飛行センター, 宇宙飛行士, 抗酸化作用, 水素水, 研究機関   パーマリンク

コメントは受け付けていません。