10.2.1 水素の臨床応用(総説)

日本医事新報

日本医事新報

学術雑誌名:日本医事新報、No.4548, 2011.6.25, p86~91

表題:治療薬としての水素、その臨床応用に向けて

著者:中尾篤典(所属機関 ピッツバーグ大学医学部外科)

概要:近年、水素分子(H2)が虚血再還流障害を始めとする種々の疾患モデル、更には2型糖尿病、メタボリックシンドローム等ヒトの生活習慣病等の臨床試験においてその有用性が示され水素の医療応用の研究が急速に進み、注目されている。

水素は気体として吸入させるだけでなく、水溶液として経口投与、静脈内投与、あるいは局所投与によっても効果が発揮され、多方面で医療用途の有効性が報告されてきた。

本報では水素の医療応用に関する最近の研究成果をまとめ、臨床応用への可能性が紹介されている。

水素の研究は酸化ストレスを抑制する研究に端を発したが、最近の研究ではこれに加えて新たなシグナルガス分子としての医療応用の可能性が注目され新たなステージへ展開する期待が紹介されている。

カテゴリー: 10. 水素の医療応用, 10.2.医療応用に関する総説, 2型糖尿病, ピッツバーグ大医療センター, メタボリックシンドローム, 日本医事新報, 水素, 生活習慣病, 研究機関, 糖尿病, 虚血再還流障害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。